「マンゴー」(マンギフェラ・インディカ)ーMangifera indicaー

ウルシ科・マンギフェラ属

東南アジア原産。
熱帯・亜熱帯の各地で広く栽培されています。遠い国の果物のような気がしていましたが、 最近では、店頭で普通に見られるようになりました。沖縄のマンゴーも美味しいですね。 ウルシ科と聞いて、アレルギーのある人もいるかもしれません。 でも、フィリピンなどでは、新芽は、野菜代わりだそうです。
若葉は、強い日差しに耐えられるように、柔らかな色で展開し始め、やがて濃い緑に変わります。
若葉にピンク色が見られるのは、この中央ヤシ室では、 「ムユウジュ」 「セイロンニッケイ」 「カカオノキ」です。

マンゴーの新葉の紅葉は、小さな鉢植えでも見られます。これは、私がデザートに食べたマンゴーの種を植えてみたもので、3年ほど経っています。
温室の設備なしで、果実が実るまでの管理はできませんが、観葉植物として、つややかな葉を楽しむことが出来ます。
果肉の中の核部分を取り出し、更にその周りを切って、本来の種子(矢印部分)を取り出して土に埋めるのです。発芽確率は意外に高いのですが、何しろウルシ科の植物ですから、皮膚の弱い方にはお勧めできません。


(名古屋市立東山植物園・中央ヤシ室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★中央ヤシ室へ ★「花夢」収録一覧へ