「アリストロキア・ウェストランディー」-Aristolochia westlandii-

    ウマノスズクサ科・アリストロキア属

 中国原産
サンギャラリーのサガロ室の近く、植え込みの後ろで、地面から20センチぐらいのところにこんな奇妙なものが一つ、ぽつんとぶら下がっていました。
東花卉室にある、「アリストロキア・ギガンティア」「アリストロキア・リンゲンス」の仲間です。
この奇妙な形のものは、ガクの変形したもので、花弁はない植物とされています。
虫をおびき寄せる開口部は、半月型をしています。
ツボミの大きさは、大人の握りこぶしぐらいで、碁盤の足みたいにふっくらしています。
その背中側の袋は、ギガンティアほど大きくはなく、開いたガク片の中にのめりこんでいます。
ムクゲパイプバナという和名があります。ムクゲは尨毛、鳥獣の柔らかな毛を意味しています。
ガクの裏や花柄にも毛があるのがおわかりでしょうか。
葉は、ウマノスズクサ科らしくない笹のような長い形です。

(名古屋市立東山植物園・サンギャラリー)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★サンギャラリーへ ★「花夢」収録一覧へ