「アリストロキア・リンゲンス」-Aristolochia ringens-

    ウマノスズクサ科・アリストロキア属

南アメリカ、西インド諸島原産。
アリストロキアは、ギリシア語の Aristos=最良 と Locheis=出産 からなる言葉で、この植物が、 安産に効果があると信じられていたことによります。
花弁はなく、蕚がパイプ状の奇妙な形になっていて、開いた口には、虫を誘引するための毛が密生しています。
その形から「ペリカンフラワー」とも言います。
この部屋の反対側には「アリストロキア・ギガンテア」 が、周年、やはり奇妙な花をつけています。

平成21年12月、10年以上沈黙していたリンゲンスが開花しました。根がぐらぐらしています。最後の力を振り絞って、子孫を残さなければ・・と、 考えたのかもしれません。比較的下の方で咲いてくれたので、開口部の毛がはっきり見えました。

花のあと、一月足らずで果実が見られました。ポリネータ(送粉者)はどんな虫なのかは不明です。小さい画像は、過去の完熟果実です。

(名古屋市立東山植物園・東花卉室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★東花卉室へ ★花夢」収録一覧へ