「ユーパトリウム・ソルディドゥム」 ーEupatorium sordidumー

キク 科・ユーパトリウム属

メキシコ原産
中南米室の隅っこにも、「同じ名前の植物」が植栽されています。
植栽場所の環境にもよるのでしょうか、東花卉室のソルディドゥムは、大きくて見栄えがします。改良品種なのかもしれません。
花は、「オジギソウ」 の花をまとめたような感じで、その色合いと、つぼみや新芽の赤茶色、しっかりした葉っぱの色との対比がきれいです。
葉は、しっかりとした毛におおわれています。

フジバカマなどの仲間なのですね。

ソルディドゥムという品種は、耐寒性があまりなく、温室内が適していますが、北米原産のユーパトリウムの仲間は、外の花壇などでも見られます。
また、最近では、Bartlettina sordidaという名まえを優先させ、同義語扱いで、 Eupatorium sordidumやEupatorium megalophyllumが出てくる資料もあります。、

(名古屋市立東山植物園・東花卉室→サンギャラリー東窓際)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★東花卉室へ ★「花夢」収録一覧へ