「タッカ・プランタギネア」-Tacca plantaginea-

  タシロイモ科・タシロイモ属

東南アジア原産
普段見慣れている花とは。ちょっと趣きが違いますね。 茎を長く伸ばした先に、ひげを交えた花を放射状につけています。 この糸状のものは、不稔の花柄が伸びたもの、という説明がついています。 本来、この先にも花がつくはずだった・・ということでしょうか。 この「不稔の花柄」というヒゲ、タシロイモの仲間に多いのですね。 この部屋の隅っこには、やはり、ヒゲがいっぱいの 「タッカ・シャントリエリ」もあります。

では、「タシロイモ」とはどんな植物なのでしょうか。
東インドからアフリカ南部・オーストラリア・台湾などに分布していて、羽状に切れ込みの入った葉を持って、60センチほどになる植物で、 その塊茎に含まれるデンプンを食用にするようです。
花は同じように放射状に奇妙な花をつけますが、葉の雰囲気が、温室植栽のタッカとは、まったく違います。
タシロイモの画像が入手できましたので、ご紹介しましょう。
提供者は、武田和男氏、現在、ハワイ・マウイ島で「エンチャンティング・フローラルガーデン」オーナーとしてご活躍です。 ハワイ魅惑の花図鑑など植物に関する著書多数。また、日本在住中に品種を確立させた、ペチュニアのレッドピコティシリーズは、もしかしたら、 皆様のガーデニングのお仲間になっているかもしれません。
「タシロイモ」 (タッカ・レオントペタロイデス)Tacca leontopetaloides は、こんな花です。


(名古屋市立東山植物園・水生植物植物室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★水生植物室へ ★「花夢」収録一覧へ