「シュウカイドウ(秋海棠)」(ベゴニア・エバンシアナ)-Begonia evansiana Andr.-

    シュウカイドウ科・ベゴニア属

 中国原産
ぶら下がって咲く花の様子から、仏具の瓔珞に見立てて、瓔珞草(ようらくそう)という名前もあります。
湿り気の多い、半日陰が好きな植物で、以前は、里山の入り口付近などでよく見かけましたが、最近は、あまり目にしなくなりました。
少しいびつなハート型の葉をつけ、花は、先に左の写真のような雄花が、その後、花と茎の間に、三つの稜のある子房がある雌花が咲き始めます。
これは、ベゴニア属全体に共通して言えることです。

秋に咲く海棠という名前ですが、この花は、秋を待たず2007年8月のお盆に、園内合掌線で咲いていました。
「キダチベゴニア」に戻る。

(名古屋市立東山植物園・園内合掌線植え込み)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★「花夢」収録一覧へ