「シェフレラ・アルボリコラcv.ホンコンとフイリヤドリフカノキ」-Schefflera arboricola cv. 'Hong Kong & Schefflera arboricola cv. 'Hong Kong'Variegata-

ウコギ科・シェフレラ属

園芸品種
ひところ、「ホンコンカポック」という名前で流通しましたが、最近は、本当の名前が行き渡ってきたようです。
シェフレラの和名は、葉が生い茂り屋根のようになることから、ヤドリフカノキと言いますが、あまり使われていません。 かなり強健な樹種で、寒さにも耐えます。
観葉植物として売られていますが、株が充実すると、上のような花が咲きます。花弁はすぐに落ちてしまって、花盤とオシベが残っています。地味ですね。
この花を見て思い浮かんだのは、夏の雑草地に見られる「ヤブカラシ」でしたが、 残念ながら科が違いましたね。
もしポリネータ―が居れば、オレンジ色の果実がつくはずですが、温室内では無理のようです。

私たちに一番身近なウコギ科の植物は、ヤツデじゃないでしょうか。 一つ一つは同じような花をつけます。

上記記事を記載してから数年後、温室育ちではない、街中に植栽された、3メートルぐらいのシェフレラに、見事な実がなっているのを見つけました。2015年の7月のことです。
あの地味な花からは、想像もできないような、オレンジ色の果実は、遠目からも目立つ存在でした。


(名古屋市立東山植物園・ハワイアンハウス鉢植え)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★ハワイアンハウスへ ★「花夢」収録一覧へ