「プレクトランツス・ヌンムラリウス」 -Plectranthus nummularius-

シソ科・プレクトランツス(ヤマハッカ)属

南アフリカ原産
つややかな肉厚の葉で、匍匐しながら広がります。
プレクトランツスの仲間は、交配を繰り返して、園芸品種がいろいろ出回ってきましたが、これはその基本種とも言えるもので、 古くから日本に入ってきています。 「プレクトランツス・プルプラツス」 「プレクトランツス 'サシャ’」とも、似てますよね。 日本での流通名はスエーデンアイビーですが、本来のスエーデンアイビーとはプレクトランツス・アウストラリスにつけられた英名のようです。 「ポインセチア」と同じように、 日の長さが12〜13時間以下にならないと花を咲かせない、いわゆる短日植物ですから、秋に花を咲かせます。

(名古屋市立東山植物園・サンギャラリー)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★サンギャラリーへ ★「花夢」収録一覧へ