「オウギバショウモドキ」 (ストレリチア・アルバ) -Strelitzia alba Skeels-

バショウ科・ストレリチア属

南アフリカ原産

「ゴクラクチョウカ」 (Strelitzia reginae )の、白花、といった感じですが、こちらは大型、
自生地では、10メートルにもなります。
オウギバショウは、タビビトノキという和名で、大きな葉っぱが扇型に開く見ごたえのある木です。
この温室内にもかつては存在しましたが、 狭い温室内では、上手く葉を広げることができず、展示を取りやめた経緯があります。
長い葉柄の先に大きな葉(手前のスプーン状の葉)を展開している雰囲気が オウギバショウに似ていることから、それにモドキが付きました。
葉柄の間から顔を出している花は、「ルリゴクラクチョウカ」にそっくりです。 (2006・4撮)

(名古屋市立東山植物園・ 中央ヤシ室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★中央ヤシ室へ ★「花夢」収録一覧へ