「ムッサエンダ・プベスケンス」ーMussaenda pubescensー

アカネ科・コンロンカ属

中国南部から台湾原産
同義語としてMussaenda acutiflora , Mussaenda albiflora , Mussaenda pubescens albaなどがあり、和名は、ケコンロンカ、中国名は 「玉葉金花・白紙扇」。

この鉢植えを見たとき、これまで見てきた「コンロンカ」Mussaenda parvifloraと、どこが違うのかが全く分かりませんでした。花の大きさも白い萼片も、全く同じように見えます。 でも、違う学名で展示ということは、どこかが違うはず・・・。
学名から調べてみると、コンロンカのparvifloraとは、小さな花という意味です。しかしこれは、双方とも同じぐらい小さな花です。次に、このpubescensを調べると、微細毛がある、となります。
一体どこにある毛を言うのでしょうか。見た目には、全く同じに見えているので、植物掲示板で教えを請いました。
中国語のサイトから、葉の裏に軟毛があるという情報を拾いだしてくれた方があり、その後の観察で、「毛」を理解することが出来ました。

つる性であり、サポニンという成分を含んでいるために、薬用植物として扱われているようです。

(名古屋市立東山植物園・サンギャラリー鉢植え)

「花夢ギャラリー」は、リンクフリーですが、画像などの無断転載は、お断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★サンギャラリーへ ★「花夢」収録一覧へ