「クラーキア・アモエナ」(イロマツヨイ)-Clarkia amoena-

アカバナ科・クラーキア(サンジソウ)属

北アメリカ周辺に分布
「イロマツヨイ(グサ)」という和名があるように、同じアカバナ科のツキミソウやマツヨイグサに似ています。
二枚目は雰囲気が似ている「ヒルザキツキミソウ」 -Oenothera speciosa-です。

クラーキアの仲間は、園芸品種が多く、色違い、花弁の形の違いなど、いろいろあります。
開花時に、近くに鉢植えで並ぶ「クラーキア・ウングィクラタ」 は、同じ属とは思えない花で、花弁のフリルなど百日紅(サルスベリ)の雰囲気に、よく似ています。

このアモエナは、以前は、クラーキアではなくゴデチア属に含まれていたので、ゴデチアでも流通しています。

(名古屋市立東山植物園・東花卉室鉢植え)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★東花卉室へ ★「花夢」収録一覧へ