「コスツス・メガロブラクテア」-Costus megalobractea-

ショウガ 科・コスツス属

熱帯アフリカ原産。
温室の中の池の水際で、松ぼっくりの親分みたいな苞の間から白い花が、 一個ずつ咲き上がっていきます。
これまで、周りに大きな葉が茂り、誰に見られることもなく、人知れずひっそりと周年花を咲かせていましたが、最近、非常口脇に別株が植えられて、 花も観察しやすくなりました。
今回、葉の写真を沢山入れたのは、中央ヤシ室に植栽されている、よく似た「コスツス・スピラリス」 と比較の為です。
双方ともに螺旋状に葉を重ねながら伸びるのですが、こちらは、革質のつるんとした葉です。そして花序は葉序の足元に出てきます。

(名古屋市立東山植物園・水生植物室・池の淵・北側非常口付近)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★水生植物室へ ★「花夢」収録一覧へ