「コバノランタナ」(ランタナ・モンテヴィデンシス)-Lantana montevidensis-

クマツヅラ科・ランタナ属

南アメリカ原産
英名は、「Weeping lantana」 Weepには這う・枝垂れるという意味があります。 低木ですが、軟弱なため、立ち上がらず、地面を這いながら広がります。 この性質を利用して、ハンギングにも向いているようです。
葉も茎も、毛深いですねえ。

葉が、普通の「ランタナ」=Lantana camara-より小さいので小葉のランタナと呼ばれています。
ハワイアン室には、斑入りの葉で黄色い花の「斑入りランタナ」があります。

09年は、西花卉室にも、鉢植えがたくさん展示されました。

(名古屋市立東山植物園・東花卉室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★東花卉室へ ★「花夢」収録一覧へ