「カンピロケンツルム・ミクランツム」-Campylocentrum micranthum-

ラン科・カンピロケントゥルム属

中南米に広く分布
Synonym(同義語)であるAngraecum micranthumが使われることもあります。
小さな花が二つ折りになった花柄の両側につく、着生らんです。
花序を横から見ると、歯ブラシのようです。花の下にぶら下がるように並んでいるのは、距(きょ)といって、ガクの一部が袋状になっているもので、蜜を貯める機能もあります。
一枚の葉と対生する付着根、そしてその根際から花序が出ています。葉、花、根の三個一組がセットになって伸びていってます。

この植物の別名であるアングレカムの仲間には、この距が驚くほど長いものがあります。時々、鉢植えで展示される 「アングレカム・セスキペダーレ」もご覧になってください。

(名古屋市立東山植物園・ラン室前)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★ラン室前へ ★「花夢」収録一覧へ