「ヒルザキヤコウボク」(ケストルム・ディウルナム)-Cestrum diurnum-

ナス科・ケストルム(キチョウジ)属

南米原産
英名は、Day-blooming cestrum, Day jasmineで、日中に咲くケストルムという表現です。
日中に咲く花は多いのに、わざわざ昼咲きとついているのは、ケストルムは「ヤコウボク(夜香木)」につけられた名前です。
ヤコウボクは、午後7時前後から、むせ返るような香りがします。それに対して、この花は、午前中に優しい匂いを放ちます。 だから、デイ・ジャスミンとも言われます。
花の形も、少し違います。
ヤコウボクよりひと回り小型で、ラッパ型に開いた筒状花のフリルのついた花弁が反転しています。 そのため、中のメシベの柱頭がはっきり見えています。

ヒルザキヤコウボクは、受け咲き、つまり花は上を向いて咲いているところが、ヤコウボクとの大きな違いでしょう。

(名古屋市立東山植物園・中央ヤシ室鉢植え)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★中央ヤシ室へ ★「花夢」収録一覧へ