「ヒメアリアケカズラ」(アラマンダ・ネリフォリア)-AIIamanda neriifoIia-

キョウチクトウ科・アラマンダ属

熱帯アメリカ原産
周年、黄色いラッパ型の花を咲かせていますが、時に盛大に花をつけることがあります。
果実は、ウニのように、角がいっぱいの面白い形です。

あるとき、お客様の一人から、この花には、シベというものがあるのでしょうか・・というご質問を受けました。
顕花植物(=種子植物)は、メシベオシベがなくては次世代を残すことが出来ません。 人の目に触れなくても、虫にさえアピールできればいいわけで、花の奥の奥に、ささやかなシベが存在しています。これは、終わりかけた花を開いてみたところです。 ルーペを必要とするほんの数ミリのしべ、綿毛のクッションのようなものがオシベと花被の間にあります。中心へ導く赤いラインもあって、虫を誘っています。

このように、外からシベを確認できない花は、他にも、ハワイアン室の「インドソケイ」や、 外で栽培される「アッツザクラ」などもあります。

(名古屋市立東山植物園・サンギャラリー)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★サンギャラリーへ ★花夢」収録一覧へ