「タイコウヒデヨシ」 (ブーファン・ハエマトイデス)-Boophane haemanthoides-

ヒガンバナ科・ブーファン属

南アフリカ原産。
葉が、一列の扇状になることから、太閤秀吉の持つ扇に見立てたのでしょうか。
花は、筆の先のようにオシベが広がっています。

ヒガンバナは、花は葉を見ず葉は花を見ず、といって、花のあるときには葉はなく、花が終わるとまた葉が叢生してくるのですが、 このタイコウヒデヨシも、花の時期には、葉がなくなっています。

後日、気がついたら、花は、花火のように広がって枯れていました。↓

よく似た「ブーファン・ディスティカ」 よりは、花の数が少ないのが、咲き終わったドライフラワーの花柄の数から分かります。

(名古屋市立東山植物園・多肉植物室 ガラスケースの中)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★多肉植物室へ ★「花夢」収録一覧へ