「ユーフォルビア・ミリー」 -Euphorbia milii var.splendens-

トウダイグサ科・ユーフォルビア属

マダガスカル原産。
「花キリン」として鉢花で一番普及している小型の品種です。
ハナキリンの仲間は、花弁のない花(オシベとメシベだけ)を、きれいな色の苞が飾っています。
この花は、とても面白い咲き方をします。最初は「グー!」じゃなくて「チョキ」から始まるんですね。 それぞれ2個ずつ咲き始め、さらに、下の写真のように、最初の花の真ん中から2個の次の花が咲いてきます。
赤い苞から顔を出している黄色い苞は、そのうち赤くなって、また次の新しい花を展開するのですね。
調べたところでは、3段ぐらいまでのようですが。

多肉植物室には他に、 「黒摩利支天(くろまりしてん)」という丈の高くなるのも植栽されています。

(名古屋市立東山植物園・多肉植物室 )

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★多肉植物室へ ★花夢」収録一覧へ