「オオミヤシ=フタゴヤシ」(ロドイケア・マルディウィカ)-Lodoicea maldivica-

ヤシ科・オオミヤシ属

セイシェル諸島原産
とてつもなく大きな葉が、中央ヤシ室の南西角の天井を覆っています。葉柄の長さは4メートルぐらいでしょうか。
自生のものは、樹高18〜30メートルにもなる大型のヤシです。
ココナッツを二つくっつけたような形の種子なので、英名は、ダブル・ココナッツと言います。

世界中のあらゆる植物の種子の中で、重さ(20キロ前後)もサイズ(35センチほど)も一番大きく、ギネスブックにも載ったことがあります。
種子と書きましたが、この周りに果肉があるので、実そのものは、30キロ前後、45センチほどもあるのです。
こんなのが、高い木の上で、ぼこぼこなるのですから、下を通るときは、気をつけないと危ないですね。

雌雄異株で、受粉してから種子が熟すまでに7年ほどもかかり、また、その種子が発芽するまで数年かかります。
ちなみに、当園のものは、発芽まで2年4ヶ月かかっています。
発芽後は、1年に1本ずつしか葉を出しません。25本出たとき、 つまり25年経ってやっと花を咲かせるという、非常にゆったりぺースの植物です。
温室の中では、天井につかえるので、これ以上大きくすることは望めません。ということは、花も実も、ここで見ることは不可能のようです。
そこで、シンガポールで撮影したオオミヤシを参考のために載せています。最後の写真は、イギリス・キューガーデンでの種子の展示です。

私たちには馴染み深いココヤシの発芽の様子は「こちら」

(名古屋市立東山植物園・中央ヤシ室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★中央ヤシ室へ ★「花夢」収録一覧へ