「エピデンドルム・シュレヒテリアヌム 」 ーEpidendrum schlechterianumー

ラン科・エピデンドルム属

中南米原産
舌を噛みそうな名まえは、この花の交配に関わったシュレヒター氏の名まえからきています。
着生タイプで、葉の付き方も平面的に這うようについていて、茎の先端に、二個ずつ小さな花が付いています。 うっかりすると通り過ぎてしまいそうなくらい、葉の色に同化していて、マニアックな感じです。

以前、よく似た「エピデンドルム・ポーパックス」というのをご紹介しています。

(名古屋市立東山植物園・サガロ室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★サガロ室へ ★「花夢」収録一覧へ