「ベンケイチュウ」(カルネギア・ギガンテア)ーCarnegiea giganteaー

サボテン科・カルネギエア属
アリゾナからメキシコにかけて分布。

2017年5月、新しい、ベンケイチュウが、仲間入りしました。
長野で育てられていたもので、結構巨大。ウレタンで包んで運んできて、小さな入口から、係の方たちが苦労して 取り込み、後ろの支柱に、安全を保ってもらっています。
根は、まだそれほど伸びてはいない、と、聞いています。でも、花は、たくさん。雄しべの数もすごいですね。

トラブルなく、すくすく伸びていってほしいですね。       
   

   

 

 

↓花のアップ2枚は、上部から撮ることができた、職員kさんに、お借りしたものです。

     

さて、この下は、20年ぐらい前の、サガロ室の光景です。
4本が、しっかり立っていました。しかし、一本ずつ、環境に耐えられず、減っていってしまいました。
その時の説明を、ご覧下さい。

  


 ハシラサボテンの中でも最も巨大なもので、毎年5月に白い花をつけます。
この巨大サボテンは、昭和62年、東山植物園の開園50周年を記念して、アメリカのアリゾナ州から寄贈されたものです。

属名のカルネギアは、アメリカの大富豪、カーネギー(A. Carnegie)からきています。

英名はSaguaro。英語読みはサグワロですが、現地では、インディアン発音でサハロと言うようです。
アメリカ映画の西部劇でおなじみのサボテンです。

花は夜にかけて咲き、コウモリや大型の鳥による受粉に適応しています。
赤い実の写真は、職員の手による人工授粉の後に出来た果実です。果実は卵形で、完熟するとちょうどツバキの実のように皮が割れてしまいます。

果実は甘いので食用にされますが、なんとその中の種は2000個前後。 でも、種子がこぼれても、雨の少ない土地ですから、発芽のチャンスは少ないのでしょう。

さて、こんな巨大な植物の種は、やっぱり大きい?いいえ。下の写真のようにケシ粒ほどの 小さなものです。こんな小さな一粒が、運がよければ、巨大サボテンにまで成長するのですね。

2004年の8月、採取した種子を園が来園客に分けたので、その一部を蒔いてみました。 これは発芽して約2週間めの姿で、4ミリ位のものです。これでも双葉なのです。
一年後の姿は、ちっちゃいながらも、トゲはちゃんとあって、小指の先ほどの大きさになっています。

後記:3年後も、右の写真とまったく変化ありません。でも、枯れてはいません。

後年、物差しが取り付けられて、2007年の高さは、6メートル90センチですね。
次の写真は、サボテンの骨、ベンケイチュウが枯れた後の姿です。(これは、アリゾナからの移送中に枯れてしまったものです)
生きているときは、水や養分の通り道である維管束(いかんそく)という部分が乾燥して残り、
それはは鉄のように硬いので原産地では建材に使われたりしています。また、この維管束の硬さ、細くても束になると強靭な力を持つことから、 現代の鉄筋の大元になったとされ、橋脚などの構造に取り入れられています。

2010年の秋、4本のうちの右前の一本が枯れ、2012年7月には、左手前の一本が調子悪くなりました。
伐り戻し作業の為、解体されたベンケイチュウは、風に当てて乾かすため、輪切りで公開されました。輪切りの中は、硬めのウレタンといった感じで、弾力が残っていました。
最後の写真は、2010年に枯れたもので、外側の果肉はすでになく、維管束だけで中が空洞になっています。アリゾナ州からの移送中に枯れたものと、同じ状態ですね。
細いものでも束になることで、耐荷重が大きくなる。納得できる作りですね。

(名古屋市立東山植物園・サガロ温室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★サガロ室へ ★花夢」収録一覧へ