「アブチロン・ヒブリドゥム」-Abutilon × hybridum-
アオイ科アブチロン属

熱帯から温帯まで広く分布

こちら↓は赤い花の「アブチロン sp」.です。 つぼみの間、風車(かざぐるま)のように重なり合っていた花が開くと、花弁の隙間から、蕚の色が覗いて、模様のように見えています。

アブチロンとは、ギリシャ語の「牡牛」と「下痢」を組み合わせた言葉なんだそうで、家畜の下痢止めに薬効があるのだそうです。
園芸品種が沢山で回っています。英名は Chinese lantern(チャイニーズ ランタン)
アブチロンの中には、 「チロリアンランプ=ウキツリボク」のように,つる性のものもありますが、本種は、木立ち性です。
アオイ科の多くには、二段構えの蕚状のものが見られますが、これには、一重しかありません。 必ず、うつむいて咲くのが特徴です。
アオイ科の特徴として、「ハイビスカス」 などを思い浮かべていただくとお分かりかと思いますが、メシベを囲んで多数のオシベがあり、 その花糸が基部で合着して筒状になっているのですが、この花でも同じことが見られます。

(名古屋市立東山植物園・西花卉室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★西花卉室へ ★「花夢」収録一覧へ