「アブチロン 'チロリアンランプ’」(アブチロン・メガポタミクム) ーAbutilon megapotamicumー
アオイ科・アブチロン属

南アメリカ原産
つる性で丈夫な植物。10度もあれば開花し、0度まで下がっても、越冬できます。
二年目の茎は木化します。ウキツリボク(浮釣木)という別名もあります。

一個を覗いてみました。
赤い萼(がく)を一箇所開いてみると、黄色い花弁がきれいに風車のように折りたたまれています。 自然の状態では、これ以上開くことはありません。
無理にこじ開けると、中には赤い筋が入っていて、甘い蜜が指に絡み付いてきました。
その先に顔を出しているのは、アオイ科独特の筒型に合着したオシベで、メシベは、筒の中に密かに隠れています。
アオイ科の「ハイビスカス」「フウリンブッソウゲ」と同じ仕組みですね。 。

(我が家)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★「花夢」収録一覧へ