「ルスクス・ヒポグロッスム」-Ruscus hypoglossum-

ユリ科・ナギイカダ属

西ヨーロッパからイランにかけて分布。

葉は退化して枝や茎が扁平になって光合成。こんな形を「葉状枝}とか{葉状茎」といいます。
山道で出会う「ハナイカダ」と雰囲気が似ていますが、ハナイカダはミズキ科の植物です。
ルスクスには、花が葉の上につくもの、裏側につくものがあり、それぞれ名前が違っています。
参考までに、 ルスクスの名前(種名)と見分け方、「こちら」に詳しく書かれています。

(名古屋市立東山植物園・中央ヤシ室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★中央ヤシ室へ ★「花夢」収録一覧へ