「ハナイカダ(花筏)」(ヘルウィンギア・ジャポニカ)-Helwingia japonica-

ミズキ科・ヘルウィンギア属

日本原産
名前の由来は、花の載った葉を筏(いかだ)に見立てたものです。他にも「ヨメノナミダ」(嫁の涙)と呼ばれることもあるようです。

最近は、ミズキ科から独立して、ハナイカダ科とする分類もあります。

普通の花は、葉腋、つまり葉の付け根部分から、花序をのばしているのに、この植物は変ですよね。葉の中央にあります。これは、花柄が、 葉の主脈とくっついてしまったようなのです。

雌雄異株です。雌木のほうは、時期を逸し、花弁が落ちていました。

(名古屋市立東山植物園・東海の森周辺)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★「花夢」収録一覧へ