「トラフバショウ」 (ムサ・アクミナタ ’スマトラナ)-Musa acuminata ssp.sumatrana-

バショウ科・ムサ属

東南アジア原産。
栽培用果物バナナの原種となった、タイワンバナナの野生系統の亜種とされています。
葉に、淡褐色の条斑が、散在するところから、トラフの名前がついています。
長い花柄の先に紫色の苞に包まれた花が隠れています。めくれ上がった苞の間には細長い筒型の 花が並んでいますが、夜間に咲いて、日中になると、下にばらばらと落ちてしまいます。

苞に包まれた花は、花柄を中心に反対側に交互についていることが、落ちた花柄を見ると理解できます。 実もまた、交互について、光の授受がうまく行くように配列されているのですね。クリックして確かめてください。

(名古屋市立東山植物園・水生植物室 )

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★水生植物室へ ★「花夢」収録一覧へ