「トラフアナナス(フリーセア・スプレンデンス)」-Vriesea splendens-

パイナップル科・フリーセア属

ギアナ原産
すっくと立ち上がる、朱赤色の花苞も、人目を惹きますが、葉っぱも、白や黒の斑が入り、とてもきれいです。
赤く重なっている部分は、花苞(かほう)という部分で、その間から、黄色い花が顔を出します。花はすぐ終わり、赤い苞(葉が変化したもの)だけは、長期間残ります。
花苞とは、花を保護する苞が集まって、花のように見える部分を言います。 花粉を運んでくれる昆虫の目につきやすくする為のものです。 葉に、斑が入らない、「オオインコアナナス」も、同じ部屋にあります。

(名古屋市立東山植物園・中南米植物室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★中南米産植物室へ ★「花夢」収録一覧へ