「タリヌム・カリキヌム」-Talinum calycinum-

    スベリヒユ科・タリヌム属

北アメリカ原産 

クサハナビ(草花火)とかナツハナビ(夏花火)という流通名もあります。
同じスベリヒユ科のマツバボタンなどのような、細長い肉厚の葉の間から、細い花茎を伸ばし、小さな花を咲かせます。
花は、午後三時頃から咲き。それまでは、茶色の茎とベージュのツボミだけがツクツクと立っているだけで、こんなに可愛らしい花が咲くことの予想が付かないぐらいです。
スベリヒユの仲間で、午後三時頃から咲くものに、もう一種、「ハゼラン=サンジソウ(三時草)」があります。 こちらはこぼれダネで増え、近所に沢山あるので、撮ってみました。

(名古屋市立東山植物園・西花卉室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★西花卉室へ ★「花夢」収録一覧へ