「タペイノキルス・アナナッサエ」-Tapeinochilus ananassae-

ショウガ科タペイノキルス属<

インドネシア原産。
赤いマツぼっくリ? マツカサジンジャーの名もあります。
葉柄がカールしてる? スパイラルジンジャーの名前もあります。
赤いマツカサ状のものは、苞。 いくつも重なり合ってひとつの花序を作っています。
その間から顔を出している黄色いものが花です。  花はすぐ落ちてしまいますが、苞は、いつまでも残っています。

苞(ほう)とは:
 花や花序の基部にある葉っぱのこと。
ツボミの時は、これに包まれている。小さな鱗片状のもの、花弁状のもの、普通の葉のようなもの、などいろいろある。   

(名古屋市立東山植物園・水生植物室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★水生植物室へ ★「花夢」収録一覧へ