「ストロビランテス・アニソフィルス」 -Strobilanthes anisophyllus-

キツネノマゴ科・ストロビランテス(イセハナビ)属

インド・アッサム地方原産
anisophyllusというのは、「不等の葉を持った」という意味で、対生する葉の大きさが極端に違いますね。
更にその先に伸びる枝は、小さいほうの葉を枝の中心側にしてジグザグになります。 パッと見には、互生の葉のようにも見えます。
これとは対照的に、isophyllusという左右同じ大きさの葉を持つ種類もあります。
花筒の付け根部分は、まだ花が新しいときから茶色っぽく、パッと見には枯れかけた花のようで損をしています。
でも新芽の色は可愛らしいですね。

(名古屋市立東山植物園・サンギャラリー )

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★サンギャラリーへ ★「花夢」収録一覧へ