「スパシフィラム・コクレアリスパツム」 -Spathiphyllum cochlearispathum EAGL-

サトイモ科・スパシフィラム属

メキシコ原産。
大型のスパシフィラムです。白い粒々がついているのが花、背中にあるのは苞(花に近い葉っぱで花を保護する役目をになっているもの)です。 サトイモ科の花は、このような形の花・肉穂花序と苞とでワンセット。それぞれが少しずつ変化して、名前も変わります。
ミズバショウもそうです。ザゼンソウやテンナンショウ、いけばなに使うアンスリウムなど、ご存知の花は多いと思います。
ミズバショウの観察記録 「石川の植物」が参考になります。
↓は、苞の色が白いポピュラーなスパシフィラムです。この白い苞は、日が経つにつれて緑に変わる種類もあります。


(名古屋市立東山植物園・中央ヤシ室、水生植物室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★中央ヤシ室へ ★水生植物室へ ★収録一覧表に戻る