「スフィロスペルムム・コーディフォリア」-Sphyrospermum cordifolia-

ツツジ科スフィロスペルムム属

メキシコ、熱帯アメリカ原産
2〜3ミリの細長くて小さな白いランプ型の花のあとに、1センチ弱の丸い真珠のような玉(果実)ができます。
花はすぐに落ちますが、果実は長く鑑賞出来てきれいです。

上の左の写真では、花の下にある蕚の部分が丸く毛むくじゃらです。
花がおちた後、花柄と蕚の間が膨らんできています。 つまり、リンゴやナシと同じように、偽果(ぎか)=子房が成長して出来た果実を真果というが、子房 以外の花托・蕚・総苞などの部分が成長して果実になったものを偽果という。研成社「目で見る植物用語集」より、と言える と思います。
成長してきても、外側の毛は残っていて、徐々に白く変化していきます。
この時点では、玉の大きさは5−8ミリほどです。

そろそろ、花期も終わろうとするころ、ぽろぽろと4ミリほどに縮んだ白い実が落ちていましたので、ちょっと中を失礼。
ゼリー状の果実(液果)の中には、ちゃんと種子が出来ていました。
この白い玉の先端には、蕚の名残と思われる、小さなくぼみが残っています。

(名古屋市立東山植物園・サンギャラリーハンギング展示)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★サンギャラリーへ ★「花夢」収録一覧へ