「センリコウ(千里紅)」 (ユーフォルビア・ミリー・ヒスロピイ) -Euphorbia milii v:hislopi N.E.Br-

トウダイグサ科・ユーフォルビア属

マダガスカル原産
大型のハナキリンという感じで、2メートルぐらいあります。
きれいな花びらのように見えている部分は、葉が変化した苞(ほう)というもので、 それに囲まれた真ん中が花,、これはハナキリンの仲間の特徴なのです。
葉も大きいので、紅葉するととてもきれいです。
一年中、刺だらけの茎頂についた葉のどれかが、赤く染まっていますが、たまには、全部が真っ赤なことも。 変種の「センリコウ」も西花卉室の鉢植えで見られます。

(名古屋市立東山植物園・ 多肉植物 室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★多肉植物室へ ★「花夢」収録一覧へ