「リーア・ルブラ」と「リーア・コッキネア」--Leea coccinea cv Rubra & Leea coccinea-

リーア 科・リーア属

ビルマ原産
「リーア・ルブラ」は、正確に言えば、 リーア・コッキネア ’ルブラ’で、下の画像の園芸品種です。ルブラとは、赤いことを意味し、新芽の色が、赤黒くてらてら光っているのが特徴です。
葉の間に隠れるように咲いています。葉は、カサカサして波打ってますが、なんとなくナンテンを思わせます。
マッチの頭のようなつぼみの集団があって、小さなピンクの花を咲かせています。

↓ こちらは、元になったリーア・コッキネアで、花は同じようですが、葉は赤くはなりません。


(名古屋市立東山植物園・ハワイアン室前、鉢植え)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★サンギャラリーへ ★「花夢」収録一覧へ