「ラパゲリア・ロセア」(ツバキカズラ) -Lapageria rosea-

ユリ(→ラパゲリア)科・ラパゲリア属

南米チリ原産
チリの国花になっている花です。
その色と花弁のしっかりした感じから、日本のツバキをイメージしたのかもしれませんが、ツバキではなく、 ラパゲリア科(以前は、ユリ科)の植物です。
つる性の植物で、長い葉の間から、ちらちらと8センチぐらいの筒状に伸びた赤い花がぶら下がっています。
外側は無地ですが中は、白い点々がいっぱい散らばっています。よく見れば、 以前、分類されていた、ユリの花と同じ構造を持っているようです。
花の奥の方にある黒いものは何でしょう?花びらの隙間ではなく、花弁の付け根部分に 黒い模様があるのです。 虫に対するおとり作戦のように見えます。実際、奥の方には蜜がいっぱい存在します。

葉は、革質です。
チリでは「コピウエ」と呼ばれ、つる性を利用して、棚作りで楽しんでいるようです。

(名古屋市立東山植物園・サンギャラリー・鉢植え)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★サンギャラリーへ ★「花夢」収録一覧表へ