「ラフィドフォラ・クリプタンサ」-Rhaphidophora cryptantha-

サトイモ科・ラフィドフォラ属

パプアニューギニア原産。
つる性の、多年草です。
茎も葉も、重なり合うように、しっかりと木に張り付いています。
シルバー系の模様が面白いので、観葉植物として、出回っているようです。
ところで、こんなに、木にしがみついて、どこに花をつけるのでしょうね。
資料では、葉の裏側、木との間に、サトイモ科特有の肉穂花序をつけるようですが、見つけるのは、難しそうです。
家庭で育てるには、明るい場所で、湿度を高くすることが、生育をよくするポイントです。

学名の説明
fhaphido→針 phora→持つ   つまり、果実の先端が針状、組織の中にシュウ酸石灰の針状結晶があること。
crypt→隠れる antha→花   つまり、花が、隠れていること。

(名古屋市立東山植物園・ハワイアンハウス西側)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★ハワイアンハウスへ ★「花夢」収録一覧へ