「ピレア・インボルクラタ」ーPilea involucrataー

イラクサ科・ピレア属

中南米原産。
拡大して見て初めて分かるのは、花糸は透明であること。小さな花の集まりです。

シダでもないのに、シダ室にあるのは、以前、隣に植栽されていた「ペリオニア」(これもシダではないのですが)のせいです。
ペリオニアは、一人静かに、煙のように、花粉を飛ばしているのですが、条件のいいときでないとなかなか見られません。
同じイラクサ科で、もっと観察しやすいものを・・・という配慮から「ピレア」がここにあるのです。
花のある時期で、水撒きが終わって、気温が上がってくる日の午前中が、観察の狙い目です。 「ピレア」の仲間は、ハワイアンハウスの入り口にもあります。

(名古屋市立東山植物園・シダ室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★シダ室へ ★花夢」収録一覧へ