「ピペル・クロカツム」 -Piper crocatum-

コショウ科・コショウ属

ペルー原産。
壁面を這っている葉は、銀白色の斑が入るきれいな葉っぱと、普通の葉が混在しています。 葉の裏に時々、ひっそりと、こんな花序をぶら下げています。


★「コショウ」のお話  (ピペル・ニグルム)-Piper nigrum.-★
インド南部原産

コショウは、私達の食卓にもっとも身近なスパイスです。
熱帯で広く栽培されている 常緑つる性の植物で、ブドウの房を小さくしたような実が付きます。
日本には、かなり古くから入ってきており、奈良の正倉院にも、コショウの粒が保存されていると聞いています。

白コショウ、黒コショウ、ほかに最近はグリーンペッパーやピンクペッパーやなどが、香辛料コーナーに並べられていますが、
この違いは何でしょうか。
実は、ピンク以外はどれも同じものなのですね。 収穫の時期、処理の仕方で、名前が違ってくるのです。
未熟な緑色の実を酢漬けや塩漬け、フリーズドライにしたものが、グリーン。
緑色の未熟なままを乾燥させて黒くなったものが、ブラック。
完熟するまで待って、紅くなった実の皮を外したものがホワイトとなります。
ピンクは、本来のコショウではなく、ペルー原産のペパーツリーというウルシ科の植物の実を乾燥させたものです。
また、レッドペッパーと称するものは、コショウではなく、赤唐辛子のことなのですね。

(名古屋市立東山植物園・水生植物室 )

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★水生植物室へ ★「花夢」収録一覧へ