「マーガレット=モクシュンギク」(アルギランセラム・フルテスケンス)-Argyranthemum frutescens cv.-

キク科・アルギランセマム属

カナリヤ諸島原産
シノニム(同義語)は、Chrythanthemum frutescens です。
マーガレットの和名は、モクシュンギク(木春菊)です。普通、和名があれば、それが流通名として使われることが多いのに、 モクシュンギクとしては、あまり花屋さんに並びませんね。 英名の「Marguerite」マーガレットが使われているのです。
栽培が長くなると茎が木化してきます。
もともとの白花のマーガレットは、野菜の春菊のような葉っぱです。

最近は、いろいろ掛け合わせて、きれいな色のマーガレットが増えてきていますね。
ピンクマーガレットは、 気温によって、ピンクになったり白になったり、育てているうちに、色が変わってきたら、温度を考えてください。 ピンクを長く楽しみたいときは15度から20度をキープしないと、ドンドン白くなってしまいます。

(名古屋市立東山植物園・西花卉室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★西花卉室へ ★「花夢」収録一覧へ