「オキナワイボタ」(リグストルム・リウキウエンセ)-Ligustrum liukiuense-

    モクセイ科 イボタノキ属

沖縄県の固有種 

国内で見られるイボタノキ(三枚目の写真)と、どこが違うのでしょうか。
山渓の「樹に咲く花・合弁花」によると
イボタノキ
   高さ2〜4メートルになり、葉の長さ2〜7センチ長楕円形、全縁、先は尖らず丸みを帯びる。
   質は薄く光沢はない。
オキナワイボタ
   高さ10メートルになる。葉の長さ1・5センチ〜4センチの、卵状楕円形で、質は厚い。

コバノタマツバキ、アマミイボタという別名があります。

(名古屋市立東山植物園・中央ヤシ室入り口・鉢植え)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★中央ヤシ室へ ★「花夢」収録一覧へ