「ヌマトラノオ」(リシマキア・フォルツネイ)-Lysimachia fortunei-

サクラソウ科・オカトラノオ属

日本本土・中国・インドネシア原産
湿地を好む植物で、7月ごろから、まっすぐな茎を伸ばし、白い花をつけます。
地下茎を伸ばして、広がっていきますが、種も、ちゃんと作ります。

同じような花で、オカトラノオというのがあります。こちらは、花序の先端がカーブして、垂れ下がります。
命名の由来は、花が満開になった時の様子が、虎の尾に似ているから・・・、だそうですが、ずっとやさしい感じですよね。

(名古屋市立東山植物園・サンギャラリー仮入口水槽)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★「花夢」収録一覧へ