「ニオイシュロラン」(コルディリーネ・アウストラリス’アトロプルプレア’)-Cordyline australis ‘Atropurpurea’-

リュウゼツラン(ユリ科に分類されることも)科・ コルディリーネ属

ニュージーランド原産。
本来コルディリーネ アウストラリスの葉は緑色ですが、アトロプルプレアがつくと、葉裏が赤紫ののものを指します。 高さは10mにもなり、日本の暖地では庭園木として利用されています。 最近、この幼木は寄せ植えの材料によく使われています。
ところで、この和名、ニオイシュロランですが、どんな匂いがするのでしょうか。
近寄ってみると、かなりきつい匂いです。でも、少し離れて、風に乗った香りはやさしくいい匂い。 この花は5−6月に咲くのですが、4−5月に咲く、つる性の「ハゴロモジャスミン」の香りに似ています。

(名古屋市立東山植物園・多肉植物室後 )

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★多肉植物室へ ★花夢」収録一覧へ