「ネペンテス・ヒブリダ」 ーNepenthes hybridaー

ウツボカズラ科・ネペンテス属

東南アジアの熱帯に分布
 学名 Nepenthes は、ギリシア語 ne = 無、 penthos = 憂い との合成語で憂いの無いという意味です。
ウツボカズラの仲間は、赤ちゃんのときは、ふたが閉まっています。 成熟して一人前になると、ふたが開きます。そして、二度と閉じることはありません。
では、雨が降ってきたらどうなるでしょう。
水の重みで傾いてある程度はこぼれ、残りは根元に吸い上げます。 そうして、つぼ(補虫嚢)の中は、いつも同じ濃度の消化液でみたされています。
大型の種類では、虫ばかりではなく、小動物も溶かしてしまうことから、最近は、 食虫植物ではなく肉食植物という言い方もされています。

(名古屋市立東山植物園・食虫植物室前)

「花夢ギャラリー」は、リンクフリーですが、画像などの無断転載は、お断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★食虫植物室へ ★「花夢」収録一覧へ