「ネペンテス・ビーチ・バリオ」-Nepenthes veitchii Bario-

ウツボカズラ科・ウツボカズラ属

ボルネオ諸島を中心に、熱帯アジアに広く分布
食虫植物として代表的なウツボカズラの一種。
ウツボカズラの仲間は、葉っぱの中心の主脈が伸びて、その先端に独特の袋をぶら下げます。その袋は、大小、形、色もさまざまで美しく、 ファンは多いでしょう。

この、ビーチバリオについては、残念ながらあまり資料がないのです。
袋の入り口、いわゆるえりの部分の内側は、外側から続く、赤いひげでいっぱいです。
また、袋の外側も、毛がいっぱい。丁度、果物のキーウィを触っている感じです。

今回、珍しく雌花を見ることが出来ました。

ウツボカズラ(=ネペンテス)は、雌雄異株です。これは、雌株です。
かなり成熟した株でないと、開花しないということで、ネットで調べても、花の写真は少ないですよ。

(名古屋市立東山植物園・食虫植物室前)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★食虫植物室へ ★「花夢」収録一覧へ