「ムラサキオモト」(ロエオ・スパタケア) -Rhoeo(=Tradescantia) spathacea-

ツユクサ科・ロエオ属


メキシコ・西インド諸島原産。
葉の裏が紫色を帯び、ツユクサの仲間ながら、長めの葉っぱがオモト(万年青)のような形から、こんな名前がついています。
葉の付け根の辺りに、3枚の苞が舟のような、あるいは、二枚貝のような形になって、花を囲んでいます。花は、ごく短い時間しか開きませんが、この苞の中には、次に咲く花の蕾が、出番を待って並んでいます。
この部屋では、一年中、きれいな葉を茂らせているのに、花を見つけるのは容易じゃない植物です。

(名古屋市立東山植物園・中南米室 )

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★中南米室へ ★花夢」収録一覧へ