「マツザカシダ(松坂羊歯)」(プテリス・ニッポニカ)-Pteris nipponica Shieh.-

イノモトソウ科・プテリス(イノモトソウ)属

本州・沖縄・台湾に分布
革質の堅い葉に、白い斑が入って、鑑賞に耐え、夏向きです。白斑が入らないタイプもあります。
株本体を維持する、栄養葉(裸葉ともいう)と、子孫繁栄のため少しでも遠くへ胞子を飛ばすために、30〜50センチほどの高い位置まで茎を延ばす胞子葉(実葉ともいう)に分かれます。
本土では、林床や、山の斜面の薄暗いところに自生しています。

(名古屋市立東山植物園・シダ室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★シダ室へ ★「花夢」収録一覧へ