「クルクマ’シャローム’=クルクマ・アリスマティフォリア」-Curucuma alismatiforia Hort.-

ショウガ科・クルクマ属

タイの山岳地帯原産
シャロームは俗称で、ヘブライ語の「平和」という意味だそうです。
花茎が長く、ピンクの苞の部分がきれい(ピンクの苞の間から顔を出しているのが本当の花)、花もちもいいということで、 日本では、観賞用切花用として流通しています。
原産地タイでは、根をカレー粉や、薬用に利用しています。
隣に見えてるのは、同じ西花卉室のページで紹介している、白花の、 「クルクマ・ポトワ」なのですが、「シャローム」が いかに大きくて目立つか、お分かりいただけると思います。
写真を撮っていたら、通りがかりのお客様が、「ハスみたい!」とおっしゃいました。
そうなのです。英名は「ロータス オブ パラダイス」や「ロータス クィーン」、ロータスとはハスのことです。
原産国タイでは、ハスや天国を意味する「ブワサワン」と呼んでいます。

(名古屋市立東山植物園・西花卉室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★西花卉室へ ★「花夢」収録一覧へ