「クロツグ」(アレンガ・トレムラ・バリエガタ エングレリ)-Arenga tremula var.engleri-

ヤシ科クロツグ属

奄美大島から台湾にかけて分布
株立ちするヤシで、高さ3メートルぐらいです。
このヤシは、開園以来ここにあるものです。

ある資料では、花序は、最初雄花序のみ頂生し、次年度に少し下よりまた雄花序のみ付け、 3年目はその下に、雌花序のみ付ける。5〜6年雌花序をつけると、その幹は枯死する, とあります。
二番目の写真は、2006年秋に頂生していた雄花序。
半年後には、下からまた、花序が上がってきました。丈は5−60センチぐらいなのにもう花を咲かせています。これもオシベばかりなので雄花序です。花の後ろの葉は、クロツグに巻きついている別のものです。

ツグというのは、シュロの木の回りについている毛(最後の写真、これは我が家のもの)のことで、この木の周り(実際は偽茎・葉梢の重なり合ったもの)を覆っているそれが黒いということからついた和名だそうです。

拾った花は、杏とキンモクセイを合わせたような、いい香りがしていました。

(名古屋市立東山植物園・中央ヤシ室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★中央ヤシ室へ ★「花夢」収録一覧へ