「コダチダリア=皇帝ダリア」(ダリア・インペリアリス) -Dahlia imperialis-

キク科・ダリア属

メキシコ原産
ダリアの原種とされ、日が短くなる11月から咲き始めます。
インペリアリスは、皇帝を意味し、皇帝ダリアとも言います。
その名にふさわしく、何と大きいことか。青空を背にすっくと立ち上がっています。
その高さは3メートル以上。条件がよければ6−7mにもなります。
花はいつもうつむき加減で、背中に日差しを受けています。
2006年は、八重の「コダチダリア’カリフォルニア エンジェル’」 が鉢植えで、サンギャラリーに展示がありました。

葉柄の基部ががとても面白い形です。
雨どいみたいに深い溝の葉柄が茎を抱いているので、葉が落ちた痕が、環状に残り、ちょうど竹の節のような感じです。 茎の中は中空で、切って、節の様な部分を湿ったミズゴケで巻いておくと発根してきます。

2010年、12月に入って、時ならぬ風雨、まるで台風のような荒れ方で、我が家のコダチダリアは、根から倒れました。 いつも、高い位置の花を下から見上げているのですが、チャンスとばかり、間近で花を見ることが出来ました。(後の写真4枚は、我が家のもの)

(名古屋市立東山植物園・多肉植物室外側)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★「花夢」トップへ ★多肉植物室へ ★「花夢」収録一覧へ