「キッショウカン(吉祥冠)」(アガベ・ポタトルム)-Agave potatorum var.verschaffeltii f.-

    リュウゼツラン科・アガベ属

 メキシコ原産
ちょっとした風ぐらいでは、散らないよ、っていうかのような、硬くてしっかりした花です。
薄く白粉を帯びた葉が、ロゼット状に重なり合っています。また、葉の先端と縁には黒褐色の鋭い刺があります。
その真ん中から、にょきにょきと茎を伸ばし、下の方の蕾から開きはじめました。 このような花の形は、リュウゼツランにはよく見られ、 「アガベ・ライジン」「アガベ・デザーティ」も、 同じような花が咲きました。

ました、と過去形なのは、このリュウゼツランの仲間は、一度花を咲かせると、その株は枯死してしまうのです。 横から出てくる子株が成長して花を咲かせるまでに、また何十年もの歳月が必要になるからです。
というわけで、写真を撮ったリュウゼツランは、残念ながら、もうこの世に存在していません。
この株も、上まで花が咲いたら、一生を終えてしまうのです。
あらら、そしたら、絶えてしまう・・・。ご心配なく、根は横に這い、横に、子株を出してきます。もちろん、自生地では、結実もするでしょう。

(名古屋市立東山植物園・サガロ室)

「花夢ギャラリー」はリンクフリーですが、画像などの無断転載はお断りします。
Copyright (c) g-kamu.com All rights reserved.

★花夢トップへ ★中南米室へ ★「花夢」収録一覧へ